良い文章

良い文章

「春に散る」ロス!沢木耕太郎の新聞連載が終了

朝日新聞の連載小説「春に散る(沢木耕太郎)」が2016年8月31日に最終回を迎えました。 沢木耕太郎の新連載「春に散る」、孤独な一人旅を追体験する小説 「春に散る」挿絵の中田春彌さんの出しきるチカラ これまでに、二度紹介したこと...
良い文章

良い文章のモトはオリジナルの体験。素材は平凡な方がいい!

良い文章ってなんだろう? 読みやすくって、読み終わったときにナニか印象に残る文章。 これが、良い文章だと思う。 テレビや新聞で書いてあることを焼きなおして書き綴ったとしても、読み手に響くような良い文章は書けないだろう。 他人の体験は読...
良い文章

良い文章は読者を時空の旅に誘う!母の記憶運ぶキンモクセイの香り

良い文章は、スッと読者のなかに入ってきてグイグイ読ませる工夫がされている。 ときには、読者をともない時空さえもやすやすとさかのぼる。朝日新聞の読者投稿欄「ひととき」に良い文章の実例を求めてみた。
良い文章

読ませる文章のキモは書き出しにあり!が分かる今日の天声人語

良い文章とは、本文を読ませるツカミが大事だと思うのです。そういう意味で2014年12月2日朝日新聞「天声人語」は秀逸です。
良い文章

ヒット曲の歌詞から学ぶ良い文章の書き方とは?

たまたまと言っていいのか、槇原敬之の古いアルバムを聴く機会があった。 初期の槇原の詩には、将来への希望・子供時代への郷愁・恋人に対する期待や切なさがギュッと詰まった良さがあります。 本筋に関係ありませんが、いま当時の映像を観るとイモトア...
良い文章

実例から学ぶ良い文章とは?予期せぬ道草は懐かしい思い出が蘇る

より道・道草は楽しいもの。 移動する速度は、遅ければ遅いほど色々なものが見えてきます。 不意におとずれた予期せぬ道草は、懐かしい思い出も蘇らせます。 2014年8月31日「朝日新聞」より
良い文章

実例に学ぶ、良い文章とは?「父なき父の日に」

読む人の琴線に触れる、良い文章の要素とは。 身近な素材を大切に、読者の心のなかに風景を描かせ、時間の流れを感じ、声が聞こえてくるような文章のこと。 生前の父の姿がいきいきと描写されているので、つい最近、亡くなられたのかと読み進めると、3...
良い文章

実例に学ぶ、心に残るフックのある良い文章とは?

ざっと、読み飛ばしてしまうと、それまで咲くことのなかった棘をもつ木に花が咲いた。 それだけの文章に思えてしまいます。 しかし、なぜ、私は立ち止まってこの文章をスクラップして感想を書く事になったのでしょうか? そこには作者の意図するフッ...
良い文章

良い文章の書き方をマスターするため、実例から「良い文章」を考えます。

「良い文章」というのは、人それぞれにその「良さ」の基準が違うだろうから、簡単に「これが良い文章」と言い切ることはできないのだとおもう。 わたしは、不動産関連の仕事で報告書を書いたり、不動産契約まえに行なう「重要事項説明」という資料を作成す...
良い文章

良い文章を生むトレーニングとして、良質な文章を書き写すことは最適です

私と長女の二人で文章の「書き写し」が流行っています。 「般若心経」などの写経ではなく、私は朝日新聞の「天声人語」を、長女は気に入った絵本の本分を書き写していきます。 ▲写真はイメージです。実際には余った紙の裏面に書きなぐっています。 ...