夏にやり残したことがあるなら「東京サマーランド」という選択肢も。

今年も残りわずかという振りかえりの季節。

夏に未練があるわけではないですが「東京サマーランド」に行きました。秋・冬・春など、夏以外の季節に行くサマーランドがどんな様子なのかレポートします。
東京サマーランド波のプール

スポンサード・リンク

近くにあった常夏の国

前回サマーランドに来たのが昨年の夏。夏休みと比べ、秋のサマーランドは空いているのでありがたいです。
開演時間(10時)の10分前に到着しても、正面入口の駐車場に駐めることができます。前回は少し離れた駐車場からシャトルバスにのってきた記憶があります。

サマーランド

サマーランドは場所取りが大変です。子供連れの場合、着替え・昼食・休憩のために必須。
夏に来た時はスペースを確保するのに苦労しましたが今の時期はラクラクです。写真は、2階の無料休憩スペース。

サマーランドの無料休憩スペース

サマーランドといえば「波のプール」の元祖みたいなイメージがありますね。
一時間に一度、11・12・13・14・15・16時ちょうどから5分間、人工波があります。その後5分間の休憩タイム。その様子をタイムラプス動画で撮影しました。iPhone手持ち撮影なのでブレていますがご容赦ください。


サマーランド

屋内施設には、小学生から遊べるウォータースライダー。(身長制限は120センチ以上)
サマーランドのウォータースライダー

幼児が遊ぶのにちょうどよいフルーツアイランド。
サマーランドのフルーツアイランド

小学生ぐらいから楽しく遊べるロックビーチ。
サマーランドのロックビーチ

大人がくつろぐ軟水ジャグジー。
サマーランドの軟水ジャグジー

まとめとして

寒がり体質なので、行くまでは腰が引けていました。入園すると意外に暖かくて安心することができます。

それでも、プールから出るとひんやりします。ラッシュガードを着ていきましたが正解でした。

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサード・リンク