井の頭公園と三鷹国際交流フェスティバル感想

東京都内の公園は、蚊に刺される(デング熱)危険が心配でした。

井の頭公園に隣接する場所で「三鷹国際交流フェスティバル」を楽しんできました。

三鷹国際交流フェスティバル

スポンサード・リンク

三鷹国際交流フェスティバルとは

三鷹国際交流フェスティバルは、一年に一度「井の頭公園」の競技場で行われるイベント。

世界の国々の音楽や踊り、民芸品や料理などを楽しむことができます。会場に来ている人達も国際色豊かで。様々な肌の色の人達が、全く趣の違う衣装を身につけていながら、イベントを楽しもう・盛り上げようと共通の目的を持っています。子どもを連れて行くだけで「世界の多様性」を感じてくれると思います。

公式サイト

三鷹国際交流フェスティバル
メインのイベント会場

三鷹国際交流フェスティバル
昼時の各国料理の売店は安いけれども行列もスゴイ

三鷹国際交流フェスティバル

三鷹国際交流フェスティバル

初めての井の頭公園

恥ずかしながら、井の頭公園に初めて行きました。

多摩境からは、京王線で明大前へ、井の頭線へ乗り換えて、井の頭公園駅か吉祥寺駅が近いです。
井の頭公園駅

不動産屋としては、地価の高い場所にすごく広大な公園がある!という印象。
井の頭公園

しかし、この公園を含めた立地に魅力があるから地価も高いのでしょう。
井の頭公園

まとめとして

都会のど真ん中でありながら、池を中心に自然を残されているところが気に入りました。

カワセミをこれほど間近で観ることができたのには感動です。

オジサンがカワセミを狙っています。
カワセミ

私も、コンパクトデジカメでフルズームして撮影。ちょっとピントが甘いです。
カワセミ

次に行くときには、滅多に出番のなくなったデジタル一眼レフカメラを持参したいです。
SponsoredLink

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサード・リンク