2位にもなれなかった日本のスパコン。1位は断トツで中国

中国スパコン世界一
「朝日新聞」一面より

スーパーコンピューターの計算速度世界ランキングが発表されました。

中国のスパコンが圧倒的な強さを見せ、断トツの世界一だそうです。
2位・3位がアメリカ、4位に日本の「京」がランクイン。

スポンサード・リンク

2位にもなれなかった日本のスパコン

スパコンと聞くと、もう蓮舫議員の顔しか浮かばなくなっています。
蓮舫議員_2位じゃだめなんでしょうか

蓮舫さんとしては、もう消えてなくなって欲しい過去なのでしょう。

本当に1位でなくてはいけないのか、という意見も多かったと思います。
しかし、1位でなくては意味がない、2位以下はビリと同じ、という意見も多く。総じて後者の声が大きかったように記憶しています。

当時からは完全に時代が変遷して、演算処理スピードを巡る勢力図は一変したといえます。
中国のトップは、さらに2年以上続くだろうと予想されています。

中国は、大きな人口を抱えるパワーが基盤となって、経済でもGDP世界第2位の大国になりました。

人口が減少し、高齢化する日本は国家そのものの力を失っているのか、スパコンでは4位に後退しました。

まとめとして

関連記事「中学受験という選択!多摩境から通学できる中高一貫校

成長できるときに、十分成長しておくことは、その後に力をプールしておくことができます。
すでに日本の成長は終わりになっていて、今は成長した後の利息で暮らしているだけなのかもしれません。
本当にそうだとしたら悲しいです。

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサード・リンク