シャープAQUOS(アクオス)テレビのリモコンが壊れた!純正品がないので安くて簡単な、Asahi Denki かんたんテレビリモコン S-LINE RC-TV001SLを購入した

シャープAQUOS(アクオス)の液晶テレビ、リモコンが壊れてました。

実は、リモコンは半年ほど前に壊れたのですが、そのうち本体のテレビが壊れるんじゃないのか?と疑って、放置していたのです。

リモコンが壊れた当初、ネットで純正品を探したのですが、すでに発売中止になっている。
どれを買ったらちゃんと動くのか、いま一つしっかり書かれた情報がなくて購入を躊躇していたのですが、重い腰をあげました。

下の画像が壊れてしまったシャープ純正のテレビリモコン。

シャープ製アクオス液晶テレビの純正リモコン

スポンサード・リンク

テレビのリモコンはシャープ以外もだいたい使える S-LINE RC-TV001SL

けっこう神経質に考えすぎていたのかもしれません。

購入したのは、Asahi Denki かんたんテレビリモコン S-LINE RC-TV001SL

テレビのリモコンは、赤外線の届く範囲でしか動作しません。
暗号化とかセキュリティとか、あんまり関係なくて、制御する信号自体も単純です。

シャープ・ソニー・パナソニックなど、メーカーによる違いは、リモコンを設定するだけで、ほとんどのメーカーが使えてしまいます。

わが家のテレビの場合は、シャープの欄から2番めのコードで設定すると普通に使えるようになりました。

テレビのどの機種が、どの設定コードに該当するのか分かりません。
メーカーだけ確認したら順番に入力・設定して使ってみればすぐに分かります。

ただし、設定の仕方は簡単だけども、説明書をなくしたら困るかも・・・。
理由は、リモコンがシンプル過ぎて、設定と数字のボタンがないから。
説明書を失くしても再設定ができるように、次にメモしときます。

Asahi Denki かんたんテレビリモコンS-LINE RC-TV001SLの設定方法

このテレビリモコンはとにかくシンプル。

よけいなボタンが付いていません。

でも、それだけに困ることもあるのかも?
各メーカーのテレビが使えるようにリモコンを設定する方法がそれに当たるかもしれません。

リモコンの画像をみると分かるように、設定ボタンもメーカーコードを入力する数字ボタンもありません。

数字は、他のボタンで代用します。

  • 電源・・・・・設定(押しっぱなし)
  • 青・・・・・・1
  • 赤・・・・・・2
  • 緑・・・・・・3
  • 黄・・・・・・4
  • 大(音量)・・5
  • 小(音量)・・6
  • 大(チャンネル)・・7
  • 小(チャンネル)・・8
  • 消音・・・・・9
  • テレビメーカーのコードを入力するには上のボタンを使います。

    我が家はシャープのテレビ(アクオス)だったので上記の表中1341,1342,1343,1344のどれかの数字。

    入力してみると、2番めの1342が当たりでした。
    テレビが製造された年代ごとに、少しずつリモコンのバージョンも違うみたいです。
    S-LINE RC-TV001SL 設定方法

    Asahi Denki かんたんテレビリモコンS-LINE RC-TV001SLはこんなにシンプル

    購入したリモコンはボタンが少ない。

    ゴテゴテと色んなモノがついていないだけに軽い
    ものが壊れやすい我が家においては、軽いイコール壊れにくい、ということを体験的に分かってきました。

    なにかの拍子に落っことして壊してしまうんですね。
    軽いものは、そのもの自体のエネルギーが小さく壊れにくい。
    まだ小さい子供が多い我が家には最適かもしれません。
    シャープのテレビリモコン

    ボタンが少ないことは何度も書いていますが、あることに気づきました。

    それはダイレクトにテレビ局を選択するボタンがないこと。

    1チャンネルのNHKを観ていて、5チャンネルのテレビ朝日に番組を変えたい時には、チャンネルの上下ボタンを何度か押して変えるしかありません。
    直接、5チャンネルを押すボタンはないです。

    まぁ、これまでの半年間、テレビのところまで歩いてチャンネルを変えていたので、劇的に便利になりました。

    まとめとして

    あまりテレビも観ないし、個人的にはリモコンが壊れたままでいいかなと思っていました。

    でも、地デジ化されてから、青・赤・緑・黄のデータ送信ボタンを子供が使いたがります。ドラえもんの放送終盤にドラえもんが隠れているドアの色を当てるクイズがあるんです。

    ちょっと子供が不憫で買ってしまいました。

    スポンサード・リンク

    スポンサード・リンク

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    スポンサード・リンク