富士サファリパークは車で動物を見て回るだけではなかった

富士サファリパークに家族で出かけました。

何十年かぶりに訪れたはずですが、全く記憶は残っていませんでした。

車に乗って動物を見て回るだけの場所だと思って出かけました。しかし珍しい動物に触ったり、餌やりをしたり、家族連れが一日遊べる動物園になっていました。
富士サファリパークで餌やり

スポンサード・リンク

意外だった!動物を見るための車で大渋滞

富士サファリパーク入り口

私の勝手なイメージが先行していたというべきです。車に乗って動物を探しに行くサファリツアーのような感覚でいたのですが、現実は車が大渋滞。
動物の形を模したバスは有料です。金網越しに動物が見えるのですが、乗っている人はみな寒そうに震えていました。

富士サファリパークは大渋滞

クマも大喜び

富士サファリパークのクマ

ライオンは寝ています

ライオン

トラも敷物みたいになってる

トラ

しばし、シマウマに道を塞がれ身動きが取れず

シマウマ渋滞

サファリパークは動物と触れ合う施設が充実

珍しい動物を、間近に見て、触れることもできる施設です。下はミーアキャットだったかな?
ミーアキャット

カンガルーの餌やりは初体験
カンガルーの餌やり

ラマ、もしくはアルパカ。
アルパカ

まとめとして

午前9時位に多摩境の自宅を出発したときには、昼過ぎには帰ってこれるかなと考えていました。

しかし、予想外に時間を忘れて子どもが楽しく遊べる施設でした。結局、夕方4時ころにに帰り始めたので、ほぼ一日当地で過ごしました。

富士の麓なので、これからの季節はちょっと寒いかもしれません。
富士サファリパーク
SponsoredLink

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサード・リンク