子連れのキャンプには北軽井沢スウィートグラスが良い三つの理由

テントやサイト一面に、びっしりと敷きつめられた朝露が。ようやく昇りはじめた太陽の光を合図に、もやとなって大気中にかえっていく。

日の出を彩る一瞬の朝もやを、広葉樹を窮屈そうに通り抜けてきた木漏れ日が、光の帯となって白く輝かせる。

ふと見上げると、初雪を待つ浅間山がキャンプサイトを見守るように静かにたたずんでいた。
初雪を待つ浅間山

スポンサード・リンク

北軽井沢スウィートグラスキャンプ場

9月の連休に「北軽井沢スウィートグラス」キャンプ場に遊びに行ってきました。直近の2年ほど気に入って通っているキャンプ場です。

若い頃からキャンプが好きだったので、子どもがなく独り身であったらこれほど立派なキャンプ場の施設は必要ありません。なんだったらキャンプ場である必要もないかもしれません。

しかし、子どもを連れて行くキャンプは、家族みんなが楽しんでくれるものでないと「二度と行かない」ということになりそうなので注意が必要です。

北軽井沢スウィートグラスは、子どもが遊べる施設が充実・子どもを楽しめるイベントが盛り沢山・清潔で行き届いた設備、が嬉しいです。

公式ページ → 北軽井沢スウィートグラス

子どもが遊べる施設が充実したキャンプ場

子どもが自由に遊び回れるアスレチックやツリーハウスが、キャンプ場内に沢山つくられています。子どもが親の手を離れて遊んでくれると、大人は夕食の支度をしたり、読書を楽しむことができます。せっかく楽しいレジャーに出かけたのだから、無駄にイライラしなくてすむところが大きなメリットと言えます。

場内に設置されているトランポリン。
トランポリン

バスケットゴールも!
バスケットゴール

自由に絵を書くことが出来る巨大な黒板。
落書きできる黒板

ハウルの動く城のようなツリーハウス
ハウルの動く城のようなツリーハウス

他にも自由に遊べるツリーハウスが。
ツリーハウス

ちょっとしたものにも遊び心があふれています。
IMG_1942

子どもを楽しませるイベントが盛り沢山

大人にとってのキャンプは、自然の中でのんびり過ごすことが贅沢であり楽しみです。しかし、子どもにとってはテレビもなく、遊び道具も少ない退屈な場になりがちです。北軽井沢スウィートグラスでは、週末に子供たちを集めたイベントを場内で開催してくれるので飽きることがありません。

この日は、オリジナルバッジ作り。参加費は一人一回100円。
バッジ作り

夜には、キャンプファイヤーでゲームや踊りに盛り上がります。
キャンプファイヤー

これからの季節は、ハロウィーンのお化けカボチャ作りが楽しい。
北軽井沢スウィートグラスハロウィーンの様子

輪投げ大会も盛り上がるイベント。豪華な商品が当たります。
スウィートグラス

お湯が出るのも嬉しい清潔な設備

家族でキャンプをする時に最も気をつけたいのがトイレ問題でしょう。スウィートグラスは、ウォシュレット付きトイレなので安心感。また、洗面所だけでなく、屋外の炊事場にもお湯が出るのも嬉しいです。

清潔なトイレ
スウィートグラスのトイレ

お湯が出るのが嬉しい炊事場。古い写真を載せましたが、この炊事場はリニューアルされて更にキレイになっています。
お湯の出る炊事場

まとめとして

デメリットがあるとすればキャンプ場へのアクセスでしょうか。高速道路を降りて、軽井沢の街を抜けてくるので、観光客とアウトレットの買い物客で道路が渋滞しています。

広々としたキャンプ場なので、いるだけで気分もリラックスしてきます。
キャンプ

SponsoredLink

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサード・リンク