タイムズのカーシェアリングを利用するメリット。レンタカーとの比較も!

ほんのちょっとだけ、車を使いたいけれど、その時間は家族が使っていたりすることってありますね。

単に移動するだけであれば、(私の場合)そこまで歩いて行きます。
しかし荷物を持っていったり、なにか物を引き取ったりする用事の場合は、やっぱり車でないといけません。

  • 友達にクルマを借りるのも気が引けるし
  • レンタカーを借りるのも面倒くさい

そんな、たまに必要となる車を利用するシーンは、タイムスのカーシェアリングで解消ができそうです。

スポンサード・リンク

タイムズのカーシェアとレンタカーの比較

近い存在である、レンタカーとカーシェアリングの違いについて説明したいと思います。

カーシェアリング(英: carsharing)とは、一般に登録を行った会員間で特定の自動車を共同使用するサービスないしはシステムのこと。自動車を借りるという面ではレンタカーと近い存在であるが、一般にレンタカーよりもごく短時間の利用を想定しており、利用者にとってはレンタカーよりも便利で安価になるように設定されていることが多い。
レンタカーは不特定多数が利用するシステムであるが、カーシェアリングはあらかじめ利用者として登録した会員に対してのみ自動車が貸し出される。 利用時間の単位は10分から1日単位まで必ずしも一定しないが、一般に、レンタカーよりも短時間(短期間)の利用時間単位が設定されている。 特に日本では、一日単位での利用ではなく、ごく短時間の利用を目的としている。
Wikipedia「カーシェアリング」より

カーシェアの発祥の地であるヨーロッパでは、となり近所の二・三軒、または小さな集落で一台の車を共同で所有し、利用し始めたようです。
日本で置き換えれば、小さなマンションなどで一台の車を管理組合が所有して、マンションの住民が自由に利用できるようなものですね。

商業ベースとしてのカーシェアリングは、あらかじめ会員となることが大前提ではありますが、レンタカーとの違いが不明瞭になっています。

    カーシェアは、レンタカーと比較して

  • より短時間での車利用
  • 何度も繰り返し利用する
  • 毎週・毎月など定期的に車を利用する
  • 借りる時の手続きが簡単
  • ガソリンを給油して返却しなくてもOK

気軽にちょっと利用できる嬉しさがタイムズカーシェアリングの魅力といえます。

多摩境・橋本のタイムズのカーシェアステーション

改めて調べてみると、橋本には5箇所ほどカーシェアの設置駐車場があります。

多摩境・橋本周辺のタイムスカーシェアリング

多摩境では、タイムズのカーシェアリングステーションが小山ヶ丘小学校の近くに、あることは認識していました。
このカーシェアステーションは、近隣に大型マンションが多いので、住民のセカンドカーとしての利用を見込んだものですね。歩いて数分の場所にあれば結構生活が便利になります。

例えば、大事な用がある日に限って遅刻したりします。
着替えながら「ちょっと橋本まで送って!」
ふり返り「えっ?今日は車ないわよ!」
パンをほおばり「マジで?バスもちょうど無い時間だし・・・。」

すでにタイムズカープラスに登録・入会を済ませておけば、車を予約して3分後には使えるようになります。
橋本の往復であれば30分400円ですね。
多摩境のタイムズ_カーシェア

カーシェアの便利な利用シーン

車を所有しないと決めたなら、タイムズのカーシェアは、かなり使い勝手がいいと思われます。
また、走行距離が多くない人にとっても、本当は必要なときにだけ車を借りるほうが、金銭面でみればお得だと思います。

長い時間、車を利用する場合は、レンタカーがお得。
短い時間だったら、カーシェアリングがお得になります。

例えば、北海道に旅行する場合、飛行機で空港に着いたらレンタカーを借りて2・3日ゆっくり北海道の自然を満喫する。

出張なんかの場合は、カーシェアが便利かもしれません。
多摩境を出発して、静岡・名古屋で得意先をまわりながら、その日のうちに大阪に到着しなくてはいけない場合。
運転することが好きならば、レンタカーを借りて、ずっと走り回っても良いかもしれません。しかし、圧倒的に、行く先々でタイムズのカーシェアプラスを利用するほうが楽だと感じます。

タイムズ利用イメージ出張

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサード・リンク