淡水魚マニア必見の水族館「相模川ふれあい科学館」

地元相模原で、淡水魚をメインに展示する水族館があります。

相模川ふれあい科学館
公式ページ

タナゴ類をしっかり分類展示されていて、水族館の気合を感じます。

相模川ふれあい科学館

スポンサード・リンク

上流域から中流~下流域と、そこに棲む魚ごとに分けて展示がされている水槽。

相模川ふれあい科学館

渓流釣りが好きなので、ヤマメ・イワナ・ニジマスなど、上流域のサケ・マス族に見入ってしまいます。
ちょっと小さな水槽に閉じ込められて可愛そうですが、それでも険しく、尖った印象は見るものを惹きつけます。

鮎の水槽

相模川は、鮎(アユ)でも有名な河川です。
まったく季節感がありませんが、入口付近に円形の鮎の水槽があります。

残念ながら、友釣りで「おとりを追い回す鮎」とは別の魚に見えてしまいます。

川から釣り上げたばかりの鮎は、それはもう見事と言うしかないきれいな色をしています。
ayu

他には、魚に直接エサをあげられる施設もありました。
写真を撮り忘れました。

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサード・リンク