就業者が増え、離職者が減る!給料の前借り「早給ドットコム」アルバイト・パートも可。

アルバイトやパートタイムの従業員も含めて、「給料の前借りがしたい」と思ったことありませんか?

  • あと3日間カップラーメンでしのげば給料日
  • 行きたい飲み会がある、でもお金がない
  • 友人の結婚式があって今月はピンチ
  • たまに消費者金融でお金を借りている

こんなあなたの給料を堂々と前借りできるサービスが登場しました。
早給ドットコム

渋面の上司にペコペコ頭を下げて申請したりしなくてもOK、あなたの受け取るはずの給料をチョットだけ前借りすることができます。

ただし「ご利用は計画的に」

スポンサード・リンク

パート・アルバイトもOK,給与を前借りするサービス

給料の前借りを代行してくれるクラウドサービスは、早給ドットコム。

  • スマホやパソコンから申込みをすれば、すぐに利用できる
  • 登録した当日から前借りの申し込みをすることもできる
  • その月働いた70%を上限に給料の前借りをすることができる
  • 前借りは、銀行振り込み
  • 前借りの手数料は借りる金額の6%
  • 返済不要、前借り分は給料から差し引かれて支給されます
  • 上司や会社にいちいち申請不要

給料の前借りサービスを利用するうえで一番大事なことは、あなたの会社がシステムに登録すること。

勤務する会社が早給ドットコムに登録してくれないと、給料を前借りできません。

hayakyuu

給料の前借りサービスを導入する企業のメリット

従業者のニーズは多様になっています。

「こんなサービス導入してもウチの社員は使わないよ」と言っていた社長さん。
導入してみると、「給料日の3・4日前に利用する社員が多かった」と意外な反応に驚いています。

給料の前借りサービスを導入する一番のメリットは離職率の低下です、加えて利用者の就業時間も増加するといいます。

短期・日払いといった就業者のニーズは年々増加傾向にあります。
給料日直後に、銀行ATM前には行列ができますね、給料日までギリギリで生活してきた人がいかに多いのかを物語っています。

また、給料を前借りすると、手数料(6%)を取り返してやろうというインセンティブが働き、一日多くシフトに入るきっかけになります。

  • ランニングコストがかからない
  • 短期払いの就業希望者が増加
  • 離職率が下がり雇用が安定する

福利厚生として、就業者のニーズに答えた結果、頭がいたい労働者問題を解決できる点にメリットがあります。

こんな有名企業が前借りサービスを導入してます

まだ、生まれて間もない給料前借りサービスですが、すでに大手の企業も導入を始めています。

  • ヤマダ電機
  • ユニクロ
  • 上記の他に200社以上

導入する企業にとっては、コストがかからず、メリットです、社員の福利厚生の一環として使われています。

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサード・リンク