マルチハック・ヒートシンクの使い方、バースター補給に超便利なファームでアイテムを大量ゲットする方法

イングレス(Ingress)をやっていると、攻撃用のアイテムが沢山持っていたほうが安心感があります。
レベルの高いウルトラストライク(Ultra Strike )やバースター(Xmp Burster)は重宝しますね。

最近は、武器の補給に勤しんでばかりで、ろくに破壊活動をしていません・・。
L7とL8のXmp Burster

現在、イングレスの武器庫には、L7 Xmp Burster が422発、L8 Xmp Burster が309発あります。

ファーム化したポータル群を集中的にグリフハックするとドンドン貯まりますよ!

スポンサード・リンク

一方で溜まっていくレゾネーターはリサイクルで溶かしてしまうことでしょう。
私も、所持しているアイテムが上限の2,000近くになってニンマリしていたところ、アイテムの内訳をみるとL5レゾネーターだけで500本以上あってゲンナリしました。(笑)

イングレスのアイテムの中でも、MOD系のポータルに装備して使う

  • マルチハック(Multi-hack)
  • ヒートシンク(Heat Sink)
  • ポータルシールド(Portal Shield)
  • ターレット(Turret)
  • フォースアンプ(Force Amp)
  • リンクアンプ(Link Amp)
  • これらのアイテムの使い方がよく分かっていませんでした。(今でもリンクアンプは分からない・・。)

    マルチハックとヒートシンクは、セットでポータルに設置することで、あまり歩きまわることなく効率的にアイテムを増やすことができます。

    とくに、下のキャプチャー画像のようにポータルが接近している場所すべてに、マルチハックとヒートシンクのセットを装備するのが効果的。

    ハック(Hack)後の待機時間(通常5分)も短縮されて、バーンナウト(Burn out)までの回数(通常4回)も増えるため、とにかく大量に攻撃アイテムを増やしたいときに便利です。
    マルチハックとヒートシンクの使い方

    マルチハックとヒートシンクのセットでファーミング

    イングレス(Ingress)のMODアイテムのなかで、マルチハック(Multi-hack)を装備したポータルは、連続でハックできる(バーンナウトまでの)回数を増やすアイテム。

    一回ハックしたポータルは通常5分間おかないと再度ハックができません。ヒートシンク(Heat Sink)を装備すれば、再ハックまでの時間を短縮することができます。

    つまり、マルチハックとヒートシンクをセットでポータルに装備することで、短時間に繰り返しハックすることが可能になるのです。
    ただ、ヒートシンクを入れて待機時間が短くなったとはいえ2分強もボーッとしているのも苦痛です。だから数歩行くだけで隣のポータルをハックできるような、ひとかたまりになっている場所を選んで全部にセットするのです。

    アイテムを収集しようとしている時、ポータルでは丁寧にグリフハックをするでしょう。グリフハックは意外に時間を食うのでセットするポータル群は4個程度で十分だと思います。

    セットしたポータル群をグルグル回遊していれば、移動に時間をとられることなく大量のアイテムを効率よく獲得することができます。
    マルチハックとヒートシンクの使い方

    ゲットするアイテムのレベルを決めるポータルレベル

    グリフハックをしているのに、ほとんどアイテムが出なくてガッカリすることもあります。
    高いレベルのバースター(Xmp Burster)やウルトラストライク(Ultra Strike)が出て喜ぶこともあるでしょう。

    攻撃アイテムは、よりレベルの高いものが好ましい。
    逆に、高レベルのレゾネーターはダブつき、L4が不足するので、出ると重宝します。

    これは、一つのポータルに対して、一人のエージェントが刺せるレゾネーターレベルの本数に制約があるから。

  • L8レゾネーター:1本
  • L7レゾネーター:1本
  • L6レゾネーター:2本
  • L5レゾネーター:2本
  • L4レゾネーター:4本
  • エージェントは体験的になんとなく気づいていると思いますが、
    ハックして得られるアイテムのレベルはポータルレベルに連動しています。

    完全一致ではないですが、
    L8ポータルをハックすると、L8 Xmp Burster・L8レゾネーターが出やすく。
    L4のポータルでは、L4 前後のXmp Bursterとレゾネーターが増える。

    このポータルとハックの特性を上手に利用することができれば理想的なファームが実現します。

    4つのポータルで1つのファームを形成しようとする場合。
    2つのL8ポータルと、2つのL4ポータルで形成。

    こうすれば、高レベルの攻撃アイテムとL4レゾネーターを同時に収集することが可能。
    (高レベルのレゾネーター・低レベルのバースターもついてきますが・・・)

    一人では実現できませんが、理想的な場所を狙ってマルチハックとヒートシンクのセットを設置することは可能かも・・。

    SponsoredLink

    ファームの形成でガーディアンを狙う?

    このような、アイテムの収集に適した場所をファームと呼ぶそうです。

    実は、このファーム。
    味方エージェントだけではなくて、敵のエージェントにとっても格好の餌場と言えます。

    イメージとしては、こんな感じ。
    敵のエージェントにとってもおいしい餌場

    良いファームは、敵にとっても味方にとってもありがたい場所ですね。

    そう、ファームの意味を分かっているエージェント、重要性を意識しているエージェントにとっては、敵の陣営であってもあえて攻撃せず利用するエリアになります。

    よいファームは攻撃されにくい!

    ということで、ガーディアン狙いで、ガッツリとファームをつくってみても面白いかもしれません。

    意味がわからないエージェントに、あっさり破壊されたら残念ですけど。(笑)

    スポンサード・リンク

    スポンサード・リンク

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    スポンサード・リンク