新しい道(地図)は自動更新!渋滞情報もリアルタイムで見れるナビ!

こんなナビ欲しい!

新車を購入したときに、ディーラーから薦められて取りつけたメーカー純正のナビには不満が募ります。

  • 新しい道路(地図)が更新されていない。
  • VICS(ヴィックス)を利用した渋滞予測は精度が悪い。
  • HDDナビに入れた、新しい音楽(CD)の曲名が表示されない
  • 【参考】走るWi-Fiスポット!ネット接続でHDDナビは賢く、ドライブは楽しくなる

    スポンサード・リンク

    地図情報が無料の時代

    最近、車についているナビに、ずっと不満を持っていました。

    街歩きでスマホを持ち歩くようになってから、地図情報は無料(タダ)で使えてあたりまえ、と思っています。

    だから車についているナビに不満なのです。
    なぜ地図データの更新に何万円もかかるのか意味がわかりません。

    曲名も自動更新だったら嬉しい

    音楽CDをナビに取り入れた時も同様です。

    ナビ設置以降、新しく発売された音楽CDはナビの楽曲データにないため、曲名が表示されません。
    曲名を表示するためには、一度専用サイトにPCでアクセスが必要。データファイルを読み込み、SDカードを使ってハードディスクナビに反映させさせる必要があります。

    iTunesでは、iPhone・iPadに入れている曲名は自動で更新されます。

    車にUSB端子つけてくれればいいのに・・・。

    スマホのGoogleマップは素晴らしい!

    最近、iPhoneのグーグルマップのアプリで新機能があることを知りました。
    新しい機能は、現在の渋滞情報を手元で知ることができます。

    これから行く道が混んでいるかどうかを知ることができます。
    もし、先の道が渋滞しているとすれば、どの抜け道を使うと空いているのか、リアルタイムな情報を知ることができます。

    APPストアから「グーグルマップ」アプリをインストールする必要があります。
    グーグルマップアプリ

    グーグルマップを立ち上げると、こんな感じ。渋滞情報や車の混雑具合は分かりません。
    そこで、赤い点線でマークしたところをタッチします。
    グーグルマップアプリ

    すると、地図に加えられるオプションが表示されます。「交通状況」をタップします。
    グーグルマップアプリ_交通情報

    すると、あら不思議!
    車の混雑状況が、青・黄・赤で色分け表示されます。
    グーグルマップアプリ_渋滞情報

    横画面にすると、こんなふうに見れます。
    車で、激しい渋滞に巻き込まれ、先を急いでいる時には便利です。
    グーグルマップアプリ_混雑情報

    SponsoredLink

    まとめとして

    車は、インターネットに接続する必要があります。車が移動するWi-Fiスポットになれば、渋滞も怖くありません。

    出先でyoutubeを楽しむこともポッドキャストを楽しむことも可能です。
    車内でパソコンを使って仕事をすることもできるでしょう。
    まさに究極のノマドワークの実現です。

    しばらくはスマートフォンのテザリング機能を使うことになるかもしれませんね。

    スポンサード・リンク

    スポンサード・リンク

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    スポンサード・リンク