米軍施設(相模総合補給廠)内を周回するハーフマラソン、エントリーがもうすぐ始まる!

アメリカ軍の基地内を周回するハーフマラソン。「東日本国際親善マラソン」のエントリーが1月19日(月)から始まります。

昨年、このハーフマラソンに出走。後半、見事に失速し、息も絶え絶えにゴールしたら自己ベストを更新していた、成功とも失敗とも言えないモヤモヤしたレース。

今年は雪辱を果たしたいです。
【第19回 東日本国際親善マラソン】
東日本国際親善マラソン

スポンサード・リンク

去年の失敗レースを検証

昨年の相模総合補給廠ハーフマラソンは、前半のペースが速すぎたのか、後半に失速してしまい、ネガティブスプリットがうまく決まらなかったレース。

それでも運良くハーフマラソンの自己ベストは更新しています。

  • 記録はグロス、1時間48分45秒
  • ネットタイム、1時間47分56秒
  • 昨年の走行ペースはこんな感じ。
    相模総合補給廠の走行ペース
    前半から、5分/kmの走行ペースは、自分にとってオーバーペースだったのでしょう。15km付近から走行ペースに乱れが出て、17km過ぎには完全にスローダウン。とはいえ、ペースが落ちても5分30秒/kmから6分/kmを維持しているので、上出来であるとも言えます。

    一体どっちなんだ?って感じかもしれませんね。

    そう、よくわからないけど、自分でも納得のいかないレースだったのは確かです。
    【参考】米軍基地を駆ける!東日本国際親善マラソン、ハーフに出走。

    SponsoredLink

    ネガティブスプリットが決まった昭和記念公園のレース

    これまで、ハーフマラソンを走ったのは2回。

    2回目が昨年の相模総合補給廠レース「東日本国際親善マラソン2014」。
    1回目は昭和記念公園を周回する「東京マスターズロードレース選手権大会2013」。

    初めて走ったハーフマラソン。
    【参考】サブフォー達成に向け、ハーフマラソンでネガティブスプリットを試す

  • 記録はグロス、1時間52分40秒
  • 昭和記念公園の走行ペース

    意識的に前半からペースを抑えて、後半、蓄積した走力を解放するため、ゴール時の爽快感は断然ネガティブスプリットに軍配が上がります。

    しかし、21キロ強というハーフマラソンの場合は、前半から突っ込んでペースをあげ、足がヘタった後半は気力で走り切るほうが、自己ベストは更新できる可能性が高いと思います。

    では今年のレースの戦略は?

    肝心の今年のレースの戦略は・・・・。

    まだ決まっていません。

    というか、エントリーをすることが先ですね・・・。

    まずは家族と相談です。(笑)

    【第19回 東日本国際親善マラソン】

    SponsoredLink

    一緒に連れて行く(走らない)人は二人まで

    普段は、入場することができない場所なので「走らないけど、応援だけしたい!」という人は少なくありません。

    家族や知人で応援する人は、二人まで。
    しかも、申込時に名前の登録も必要です。

    エントリー後に、「やっぱり家族を連れて行きたい」と思ってもできないので注意しましょう。

    アメリカンな雰囲気は、なかなか味わうことができないから貴重な経験になるかも。

    スポンサード・リンク

    スポンサード・リンク

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    スポンサード・リンク