5LDKの家を建てたい?敷地の大きさ以外に建ぺい率、容積率を調べましょう!

5LDKの家に住みたい!

一戸建てだと、結構な大きさの家になります。

5つの居室、全て6帖だとすると・・5×10平米(6帖)=50平米
リビング・ダイニングキッチン(LDK)・・・・24帖=40平米
廊下・階段・浴室・トイレ2箇所・洗面所・収納・・60平米

概算ですが延床面積150平米近くになります、150平米は約45坪ですね。

スポンサード・リンク

3坪・6帖(畳)・10平米は同じ大きさ

知識として知っておいたほうが不動産のチラシを見るとき便利かもしれません。
3坪・6帖・10平米は、だいたい同じ大きさです。

さらに平米数に0.3025を掛ける(乗する)と坪数が算出できます。
上の例で言うと、150平米(㎡)×0.3025=45.37坪

建ぺい率・容積率に注意

150平米・5LDKの一戸建てを建てようとした場合、2階建てなので敷地は150平米(45坪)の半分である75平米(約23坪)あれば足りるのでしょうか?
これでは、ほとんどの場合、敷地が足りません。

地域によって差がありますが、敷地に対して目一杯に建築することはできません。
これは用途地域ごとに建ぺい率・容積率により建築できる割合が定められているからです。

建ぺい率とは、敷地面積に対する建築面積の割合のこと。
例えば、建ぺい率50%の場合、100坪の敷地には50坪まで建築面積の建物を建てられます。

容積率とは、敷地面積に対する建築延べ面積(延べ床)の割合のこと(建築基準法第52条)。
容積率100%の場合、100坪の敷地に対して延床面積100坪まで建築することができます。

100坪の敷地に対して半分(50%)の面積に2階建てを建築すればぴったりです。

5LDKの建築、響きの丘で何坪の敷地が必要か?

例えば、多摩境の住宅地「響きの丘」
用途地域は「第1種低層住居専用地域」建ぺい率:50% 容積率:100%
参考サイト:都市計画情報インターネット提供サービス
東京都の用途地域は上記サイトで調べることができます。

延床面積150平米の2階建て、5LDKを建築する場合、建ぺい率、容積率ともに150平米以上が必要になります。

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサード・リンク