ポロリがなくなる!メガネ男子のランニングに最適なイヤホン

ジョギングを始めた頃から、音楽やPodcastを聞きながら走る習慣がついています。かれこれ一年以上になりますが、これまでずっとランニング中に最適なイヤホンを探し続けていました。

Amazonのレビューを参考にランニング中イヤホンが外れにくい・ズレにくいと評判のイヤーフック型(耳かけ型)を購入し利用しています。しかし、普段かけている眼鏡のつる部分とイヤーフックが干渉するのか走っているうちにポロッと外れてしまいます。

冬の間は、ニット帽を耳全体を覆うようにかぶっていたため「イヤホン問題」は起きなかったのですが、暖かくなりニット帽はかぶっていられなったので解決策を講じました。眼鏡のつる部分にイヤーフックを固定。これなら眼鏡が外れない限り、イヤホンが外れることはありません。改良後、二度ほど走ってみたのですが調子は上々です。
イヤーフックのゴムにメガネのつるを差し込む

スポンサード・リンク

ランニング中にポロリがなくなるイヤホン

Amazonのレビューでランニングで外れにくいと評価の高かったイヤホンを購入。

iPhoneに付属されているカナル型イヤホンに比べて、格段にポロリがなくなります。しかし、少しずつ緩んでくるので耳へのかかり具合を気にしながら走ることになります。

眼鏡とイヤホンを一体化してしまうために、まずはイヤーフック部分にゴムバンドを巻き付けます。
イヤーフック部にゴムバンドを巻き付ける

次に、イヤホンのフック部分のゴムにメガネのつるを差し込みます。
眼鏡のつるが内側・イヤホンのフックが外側です。
イヤーフックのゴムにメガネのつるを差し込む

眼鏡とイヤホンの一体化が完了。
これで眼鏡とイヤホンが一体化する

別の角度から撮影するとこんな感じ。
眼鏡に固定して耳から外れなくなったイヤホン

SponsoredLink

まとめとして

ゴムによる固定は、あまり美しくありません。しかし最初にテーピングで眼鏡とイヤーフックをグルグル巻に固定したら、微妙なフックの角度調整ができなくて調子がよくありませんでした。しばらくはこのゴムバンド固定で春のジョギングを楽しみたいと思います。

先日参加した「静岡マラソン2014」では、雨のレースだったので使い捨てのコンタクトレンズを使用しました。
【サブ4失敗】静岡マラソンを4時間27分で完走

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサード・リンク