【混雑注意】名物へぎそば・舞茸の天ぷらが大盛り、田畑屋がおススメ。

越後湯沢エリアにスキー・スノーボードに出かけたら、名物の「へぎそば」と「舞茸の天ぷら」は食べておきたい。しかもお腹いっぱいになるまで。

というわけで、へぎそばで人気のお店「田畑屋」を紹介します。

へぎそばの田畑屋

スポンサード・リンク

へぎそばとは?

へぎそばとは、新潟県魚沼地方発祥の、つなぎに布海苔(ふのり)という海藻を使った蕎麦をヘギといわれる器に盛り付けた蕎麦のこと。 ちなみに、「へぎそば」は、登録商標されている。
へぎ(片木)と呼ばれる器に載せて供されることからこの名が付いた。この器へは、蕎麦を小さな束にして盛りつけていく。
本来は「へぎ」に盛り付けたものだけを指すのだが、布海苔つなぎの蕎麦であれば広義で「へぎそば」と表記する場合もある。
へぎは「剥ぎ」を語源とし、剥ぎ板で作った四角い器のこと。この器に冷やしたそば3~4人前を一口程度に丸めて盛りつける(このことから「手振りそば」ともよばれる)。
Wikipedia へぎそばより

木製のお盆に盛り付けて提供されることから、へぎそばと呼ばれています。
特徴として、布海苔(ふのり)と呼ばれる海藻を蕎麦のつなぎにしています。

↓これが、「へぎ」にのせられた「へぎそば」
へぎそばの田畑屋

田畑屋は、国道沿いの人気店

へぎそばの田畑屋

田畑屋は、国道17号線に面した、人気店です。
お昼時は、大型観光バスも立ち寄るため、店内は非常に込み合うことでも有名です。

へぎそばをと考えているようなら、昼時なら11時半くらいのちょっと早いタイミングで来店をしないと、長時間待たされる結果になります。
店内は広く、回転も速いのですが、それ以上にお客さんも多いので、30分以上待つことも頻繁にあります。

↓広い「田畑屋」の店内
へぎそばの田畑屋

↓カウンターでもへぎそばをいただくことができます
へぎそばの田畑屋

↓あわせて注文したい定番「舞茸の天ぷら」
へぎそばの田畑屋

SponsoredLink

へぎそば「田畑屋(たばたや)」概要

〒949-6435
南魚沼市目来田57-1
TEL:025-782-1992
営業時間:11:00~20:40
定休日:第3火曜日

食べログ「田畑屋」

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサード・リンク