電子書籍を出版する前に知っておきたい4つのポイントと5つのサイクル

プロローグは「インディーズ作家のリベンジ」とある。

私が拙著「Saving Rachel」をある作家と編集者に送ったとき、「これまで見た中で、最悪の本かもしれない」、「この本は絶対に売れないだろうね」と言われた。
「電子書籍を無名でも100万部売る方法/ジョン・ロック」より

そんな、最低の評価を受けてもジョン・ロックは電子出版を決意した。
結果、2010年9月~2011年3月までの半年間で、キンドルの月間電子書籍販売数を63冊から36万9,115冊に伸ばしている。
彼は、アマゾン・キンドル総合ランキングで第一位・第二位を同時獲得。インディーズ作家で初めてミリオンセラーを達成しました。

ジョン・ロック曰く、電子書籍には特別な売り方があるという。

本書では、売れる本の書き方は、一切語られていない。
いかにして本を売るかにフォーカスした書籍である。

電子書籍を無名でも100万部売る方法/ジョン・ロック
電子書籍を無名でも100万部売る方法/ジョン・ロック

スポンサード・リンク

電子書籍の出版を成功させる4つのポイント

    電子書籍成功の鍵

  • 計画を立てる
  • あなたの読者対象を知る
  • ビジネスアプローチ
  • ツールを活用する

電子書籍を無名でも100万部売る方法/ジョン・ロックより

上記、4つの成功の鍵に大別されるが、さらに細かくみていくと14の項目に細分されています。
これらは、電子書籍に限ったことではなく、一般的なマーケティングの手法で、一度身につければ、何にでも応用ができ、何度でも利用できます。

  • 誰に向けて書籍を書くか
  • その人はどんな場所で読むのか
  • いくらだったら購入するのか
  • その人にどうやってアプローチするのか

これを追求することに尽きるという。

電子書籍の執筆から出版まで

  • ビジネスプランの概要
  • 独創的なコンテンツを執筆する
  • ウェブサイトの制作
  • シンプルで機能的なブログを制作する
  • ブログをプロモーションする
  • 電子出版する

電子書籍を無名でも100万部売る方法/ジョン・ロックより

上記、五つの工程は、さらに22項目に細分されます。興味のある方は本書で確認してください。
ブログに加え、ツイッターを活用して、クチコミを引き起こす工夫をしています。

まとめとして

類書は、意外に多く出版されています。
私は本書を、紙の媒体で購入しました。(笑)

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサード・リンク