【PowerShotS120】ミニチュア風の動画、10倍速と20倍速で比較

橋本駅の歩道橋から、夕暮れ時の町の様子を動画で撮影しました。
カメラに内蔵されている、ジオラマ(ミニチュア模型)風に撮影できる機能を利用しています。
最近のコンパクトデジタルカメラは、カメラだけで様々なことが完結してしまうので驚きです。
PowerShotS120、ジオラマ風

スポンサード・リンク

[PowerShotS120]ジオラマ風動画、10倍速で撮影

[PowerShotS120]ジオラマ風動画、20倍速で撮影

まとめとして

歩道橋の手すりにガッチリ手で固定して撮影しました。
細かなブレを心配しましたが、思ったよりブレていません。

10倍速と20倍速、どちらも約一分間、動画撮影をしています。両方撮影して思うことは、20倍速は再生時間が短くなりすぎるように感じます。

被写体の動きによって10倍速・20倍速を使い分けていくことが必要になってくると考えます。しばらくは両方撮影してみて、結果が良かった方を残すようにします。経験を積めばそのうち感覚的に10倍速か20倍速かの判断が付くようになるのでしょう。

しかし、20倍速は我慢して撮影した割りに再生動画が短くなってしまうのが個人的に残念です。

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサード・リンク