シェアハウスへ留学?英語漬けの環境が語学力向上の秘訣。

最近注目されている住まい方のカタチとして「シェアハウス」があります。
他の賃貸住宅と違って、他の入居者と積極的にコミュニケーションをとるのがシェアハウスの特徴です。その特徴を利用した、語学力向上の機能を付加したシェアハウスが注目されています。

シェアハウスで英語留学

スポンサード・リンク

シェアハウスとは?

シェアハウスは、最近注目されている賃貸住宅の形式です。
一般的には、プライベートなスペースとして自室はあるものの、リビングなどの共用部分を入居者同士でシェアします。
プライベートな時間の一部を他人と共有することを目的とした人達が自然と集まって、独特なコミュニティーを形成します。大規模なシェアハウスのなかには、サークル的な活動や定期的なパーティーを行うシェアハウスもあるようです。

語学習得を目的としたシェアハウス

プロモーション動画を見れば一目瞭然です。

「リロ・ホールディングス」が運営する英語学習に特化したシェアハウスは、外国人の管理人が住み込む、共用部分では英語を使用、他にも外国人を入居させる、といった工夫がされていて、英語漬けの環境を意図的に作り上げていきます。

まとめとして

英語をしゃべる外国人の子供をみて「英語が上手い子供だな!」と思う人はいないでしょう。
語学は本来、勉強するものではなくて、使うことによって慣れ親しんで、身近になっていくものです。語学の習得には環境づくりが最も重要であることがわかります。海外留学よりも手軽なシェアハウス留学をご紹介しました。

アパートやマンションのオーナーにとっては、空室が一番厄介な問題。空室対策としてシェアハウスは現在最も注目されています。さらに一歩進めて、英語習得など機能面に特化したシェアハウスであれば稼働率もあがり空室対策になるのは勿論、近隣相場よりも高い賃料での入居も可能です。

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサード・リンク