不動産の売却で心配事があるときは経験者に相談するのが一番です

皆さんは悩みがあったときには、どうやって解決していますか?
悩み

「Yahoo!知恵袋」に聞いてみる、なんてひともいるかもしれません。

外国人の彼氏(彼女)と結婚したいけど、親が国際結婚に反対していて困っている、といった場合などでは、国際結婚をした人の話しを聞くだけでも心が休まります。
できれば「結婚当初は反対されたけれども、今ではみんな仲良くやっています!」といった、同じ経験をした人の話が最も役に立ちます。

しかし、個人的なことなどを、インターネットで質問することに抵抗を持つ人も多いでしょう。

スポンサード・リンク

経験が最大の教訓

人から教えてもらったことは直ぐに忘れてしまうけれど、自分の経験したことは長く記憶に残ります。
自分にとっては経験したことが最大の教訓であると言えます。

国際結婚の例も同じで、その時悩んでいる(経験している)状態であれば、過去に同じ経験をした人の話しが最も共感できます。

(ここから仕事の話です)
マンションや戸建てなどの自宅を売却しなくてはならないとき、心配事や悩みは意外と多くあります。

  • 子供の転校
  • 近所の人になんて言おうか
  • 知らない人がひっきりなしに見にくるのではないか
  • 固定資産税を全期分払ってしまっていいのか

一度、自宅を売却したことのある人にとっては、「あっ、そうそう、その時は心配したけど実はこうだった・・・!」となんでもないことが多くあります。
しかし、自宅を売却した経験がある人に直接会って話しを聞く機会は滅多にありません。どうやってその人を探していいかも良く分かりませんね。

私ども不動産の仲介をするものは、自分とお客様の経験を売っているのと同じです。
過去に売却・販売した案件が多ければ多いほど、答えられる質問も多くなります。
自宅を売却しなければいけないとき、モヤモヤすることがあったら無料相談から質問してください。

まとめとして

人は過去の失敗から教訓などを得ることが多くあります。逆に失敗するまで身につかないというのは悲しいことです。

事前に注意点などを指摘されたり、適宜アドバイスをくれる存在はありがたいものです。
国際結婚について相談をされると正直困りますが・・・、不動産についてであれば、なんなりとご相談ください。

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサード・リンク