ワンコインで健康診断、早い・安い・安心で検診を身近にするケアプロ

身体に限らず、一度壊すと元のように直すには必要以上に労力を要します。
生活習慣病などは日頃から自身をチェックしておくことで防げる病気が多く。また、癌などは早期に発見することができれば治療の可能性や選択肢も格段に拡がります。
必要・重要だと分かってはいるのに、敷居が高くてなかなか一歩を踏み出せないということは多くあります。私にとっては健康診断がその一つ。

私たちの健康に重要な健康診断の敷居を下げてくれるサービスが登場しています。
「早い・安い・安心」三拍子が揃った、ワンコイン健康診断。既に14万人が利用、テレビ「ワールドビジネスサテライト」でも紹介されています。

スポンサード・リンク

ワンコイン(500円)から受けられる健康診断

運営団体:ケアプロ株式会社(Carepro, Inc.)

    「ワンコイン検診」の3つの特徴

  • 早い:予約・保険証不要ですぐ受付可能
  • 安い:血糖値・コレステロール・中性脂肪など1項目500円から
  • 安心:医療機関でも使用されている信頼性の高い機器

運営団体「ケアプロ」トップページより

「機会がない」「時間がかかる」「お金がかかる」が健康診断を受診しない三つの大きな理由だという。
自身を省みてもそう思います。運転免許証の更新に府中の試験場に行ったとき、献血の車両が停まっていて。「献血しようかな?」と一瞬考えましたが時間がかかりそうなので躊躇した挙句、やめてしまいました。このときは「機会があって」「お金がかからない」ことが分かっていたのに、「時間がどれくらいかかるか分からない」状態だったのでパスしました。

健康診断の「機会」を出張サービス

ケアプロは固定の診療所というものを勿論確保したうえで、健康診断をイベントとして出張サービスしています。

健康診断を受けない三つの理由のうち、「機会がない」を自ら出向いていくことで、健康診断を身近なものにして機会をつくっています。

受診時間は最短3分

      1分で自己採血
      結果が出るまで1分
      結果の説明に1分

健康診断の最もネガティブなところは受診に時間がかかるところだと思います。一つの検査をするのに10分待ち、その検査を終えると別の検査場所に移動して、また10分待つ。終了時間が読めずに待たされる苦痛を何度も経験するうちに次第に受診が億劫になった人も多いと思います。
さらに、結果は一週間後。この一週間もドキドキして嫌なものです。

最短3分は極端な例かもしれませんが、受診結果の説明もその場で聞けるのは良い事です。

検診を受けない三大理由「時間がない」を解決しています。

1項目500円から検診

検診しない三大理由「お金がかかる」は最も切実です。

一年以上健康診断を受けていない人は日本国内に3,300万人いるそうです。
ニートや非正規労働者で国民健康保険に加入していない人、また専業主婦や高齢者などが多く、これら健康診断を受けられない人は「検診弱者」と呼ばれているそうです。

ケアプロの「ワンコイン検診」は保険証がなくてもその場で受診することができます。

なぜ安く受診できるのか?

なぜ、こんなに安くすることができるのかという疑問が当然湧きます。
ポイントとしてはコストのかかる医師を設置しないこと。

看護師のサポートのもと、自ら採血するから安くなります。

まとめとして

ケアプロ代表の「川添高志物語」をみるとワンコイン検診のきっかけとなったものは、アメリカで偶然見かけた「ミニッツ・クリニック」にあることがわかります。
ミニッツ・クリニックというのは、医師が常駐しないクリニックのこと。医師の管理なしで一定の医療行為が行えるナース・プラクティショナー(nurse practitioner)という資格を持つ看護師が、簡易的な健康診断と治療を行う場所で、国民皆保険制度の無いアメリカで広く利用されているサービスのようです。

病気の予防と早期発見の為、健康診断のハードルを下げて身近なものとしていくケアプロの使命は共感できる点が多くあります。

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサード・リンク